薬膳料理:香菜のサラダ

薬膳の世界では、「気」の流れが滞ると「気滞症」と言われ、食欲不振、胃腸ではお腹の張り、便秘、ゲップ、ガスが出たりする、吐き気,呼吸器では咽のつかえや胸苦しさの症状が出ると言われています。「気滞」は日頃のストレスからも引き起こされ,「イライラする」「胃腸の働きがうまく行かない・・・」「胸苦しい・・・」ということも。この「気滞」を改善し,リフレッシュするのに役に立つ食材が香菜(コリアンダー・シャンツァイ)です。また、この他にも香菜には「身体を温めて」「消化を促し」「発汗させる」作用が有ると言われています。(つまり、身体を心から温めて汗を出し,冷えを外に追い出します)風邪の初期症状におすすめです。

今回は簡単にこの香菜を使った薬膳サラダを紹介します。

IMG_1997

 

美薬膳料理・シャンツァイのサラダ

材料
・香菜・2〜4束
・ごま油・大さじ1
・白ごま・小さじ1
・粗塩・ひとつまみ
作り方
1.香菜は水洗いして、食べやすいサイズに切り,ボウルに入れる。
2.1にごま油、粗塩、白ごまの順に入れ、さっくりと混ぜる。
3.お皿に載せて完成です。

香菜の独特のこのスパイシーな香りはモノテルペン類のセルミン,デカナールという成分によるものです。栄養価の部分ではビタミンCを多く含むので抗酸化対策にも・・・。

2014-10-02 | Posted in ◉お気軽料理Comments Closed 

関連記事