海老・えび(明蝦)

↓桜エビを使った炊き込みご飯。
_MG_7668
《性味》
甘鹹・温
《帰経》
肝・腎・胃
《効能》
補腎・腎精の不足を補強する。
補陽・陽虚の治療法。
補気・各種の気虚症(疲れやすい、元気がない、倦怠無力感、食欲不振、泥状の便、息切れ、脈が無力を呈する状態)を治療する方法。肺と脾の気を補気することが多い。
開胃・食欲を起こさせる。
通乳・母乳の出を良くすること。
・足腰の冷え、食欲不振、体力回復
《栄養学・主な栄養素》
高たんぱく質
ビタミンE
亜鉛
カルシウム
・海老にはコレステロールが多めですが、それ以上にコレステロールの排出を促すタウリンや殻や尾にはキチン(動物性食物繊維)、を含んでいます。
キチンはコレステロールを吸着して排出し、動脈硬化や高血圧の予防に。
キチンには免疫活性を高める働きがあるので海老の赤色色素であるアスタキサンチンの抗酸化作用とともに、ガンや老化防止の予防が期待できます。
亜鉛は味覚障害を予防する栄養素、カルシウムは骨粗鬆症の予防、骨を強化する栄養素です。

2014-12-12 | Posted in anotherComments Closed 

関連記事