【使ってみたらお気に入り】バーバリーのコスメは想像以上に惚れ込んでしまうものだった。

バーバリーコスメ前々から噂は聞いていました。
2015年はあのブランドがコスメでくるよ、と。
それが2015年夏に日本で始まった「バーバリー」。
今までアパレルのブランドの方は直営になるとか、そんな話で経済サイトが煽っていたり。

バーバリーって、私たち30代前半〜後半は一番馴染みがある世代じゃないかな。
安室ちゃんがバーバリーのチェックのスカートを流行らせて。同時に結婚した時のカルティエのラブリングはいつかは彼氏に買ってもらいたい、そんなブランドだったと思う。
そんな私も無理言って中学時代にバーバリーのマフラーなんか買ってもらって。
20代前半までは、バーバリーは結構着ていたと思う。
お嬢様系ブランド、みたいな感じで。

でも30になった現在、雑誌でバーバリーのコスメを見たときに大人っぽく成長していて(失礼!)これは長く付き合いたいブランドって思ったのですよ・・・。

2015年10月現在は東京だと銀座三越に入ってる。あとは大阪か、ネットショッピング。運営は資生堂だけど原産はイタリア。資生堂が運営っていうのはやっぱり安心するかも。だってだって、上陸していかに外資のブランドは残ってくれるかってちょっと考えちゃう。だから資生堂が運営っていうのはイメージかなりいい。

色物はやっぱり実物を見て買いたいから雑誌てみて翌日には三越へ。ちょうどコスメフロアはリニューアルしていてなんかごちゃごちゃ感がなくなっていてよかったな。正直コスメフロアってなんか狭かったよね。三越。今はもっと色々増えた感じがする。もっとあのフロアをお散歩できるな、みたいな。

バーバリーの店員さんはけっこう気さくで優しい方で、今回は色々
お試しさせていただきました。どんな色が似合うかな、どんな色が映えるかな。
スタッフさんと気楽にお話できて、平等に見てくれるその目線の同じ感じが好き。

肌の色の判断や、印象を色々考えてスタッフさんと今回決めたのは・・・。

バーバリーコスメ

ローズピンクがベースだけど甘くなりすぎない。37番

バーバリーコスメ

いつも使っているエスティーローダーの色とも被らない。
このトキメキが、すごく久しぶりだった。

本当に久しぶりに、「あ、長く付き合いたいブランド」と思ったんですね。
だから今度は、タッチアップで肌にみずみずしさが残ったランウェイ・ビューティのアイコン、フレッシュグロウ・ルミナスフルイッドベースにしよう。

2015-10-25 | Posted in DiaryComments Closed 

関連記事