2017年港区七福神めぐり。

2017年港区七福神めぐり。
Seven Lucky Gods Tour@Minato-ku,Tokyo

 

初夢早々、なぜか戦う夢を見ました。うまく言い表せないのだけどバイオハザードのアリスもびっくり。とくに前日バイオハザード見ていたとかそういうことはないのだけれど・・・起きてなんとなく友人のFACEBOOKを見ていたら「港区七福神めぐり」のことを知ります。
これ、挑戦しろってことかしら?
と自分勝手な解釈度は昨年と変わらずそそくさと着替えて行って来ます。
順番は後から知ったので自分の好きなように今回は参加です。というよりも順番があるって知らなかったんですよね。配っている地図にもサイトとかにもわかりにくいっていうか・・・巡る順番のこととか書いていいと思うのよね・・・結構情報がwebの中では錯乱していて正直わかりにくいです。じゃ、順番通りに廻らなかったら縁起がないの?というとそんなことないと思う。めぐり終わった後ちょっと気になっていたことを解決できるようなことがあったし。ようは気の持ちよう。感謝の気持ちを日々忘れずに!

私の場合時間的なことを色々と考えて地図をプリントアウトし、番号を振って行ってそれに沿って巡って行きました。
神社の詳細はそれぞれのホームページに書いてあるのでそこで確認を!

一番目・六本木7−7−7の住所が縁起良い!天祖神社【福禄寿】

さて最初に選んだのはラッキーセブンの住所が縁起良く感じた六本木の天祖神社【福禄寿】から始まりました。
最寄駅は乃木坂駅です。

なんとも綺麗で空気が澄んだ場所です。比較的移動して新しいからかともかく一言で表すと綺麗。
厄払いはここがいいかも・・・と個人的に考えてしまった。

二番目・都会の中の時が止まった場所・久國神社【布袋尊】

そこから歩いて(電車より歩いた方が早い・・・)久國神社【布袋尊】へ。
最寄駅でいうと溜池山王駅ですね。
ここはともかくわかりにくい!!でも地図を見てそこそこの記憶を頼りに行ってここかも!と思って左の角を曲がったところを見たらありました。


都会のビルの中埋もれた静かな場所。周りはANAインターコンチネンタルホテルやビルが本当に囲んでいるので不思議な感じです。でもある意味そこだけ時間が止まったような感じも。神社の隣には古い公園が・・・。時代の流れを感じます。

三番目・近代的な神社・熊野神社【恵比寿】

三番目に選んだのはそこから歩いて泉ガーデンを抜けひたすら熊野神社【恵比寿】へ。
最寄駅は神谷町駅ですね。
久國神社から向かう途中一気に東京タワーが目の前に現れてそれはそれはいい眺めです。でもこの坂がきつい・・・。ゴホッ!

ついてとことこと階段登るとなぜか手水舍がどこかわからず諦めて参拝したらあらびっくりこんなところにあったのね、という悲劇。もう一度最初からやり直しましたよ・・・。

あとから気がついたのですが都会の手水舎って結構わかりにくい・・・!普通は鳥居をくぐってすぐ手水舎のみが目に入るけど今はなんていうか奥まったところにあったり社務所のビルにくっついているようなところにあったり・・・。はぁ・・・。

四番目・三竦みの石像が名物。でもなめくじはなかなか見つからない宝珠院【弁財天】

さて、四番目に向かったのは熊野神社から歩いて数十分。とうふ屋うかいを通り抜けまさに東京タワーの下にある芝公園の宝珠院【弁財天】。


第一印象は更地・・・?というくらい開けた印象。
あとすごい感じたのはオープンで下町っぽさも感じるというか・・・。
こうして巡るといろいろな印象を感じて本当に面白いです。

で、参拝後になんだかやたら「三竦み」の文字。
三竦みとは「蛇が蛙を食べる。蛙がなめくじを食べる。なめくじが蛇を溶かす。」
(え?なめくじって蛇溶かすの?)で、世の中は強弱なく平等なんですよ、という事ですね。
大蛙。お正月ということもあり華やかに飾られてますね。


大蛇。こちらも華やか。でも前は見えてないよね?

なめくじ・・・なめくじ・・・
・・・なめくじどこ行った?
というくらいなめくじ分かりにく〜・・・

どこだ?どこだ?とスマホを駆使して検索するもちとわかりにくいので社務所で聞くと
「あ、あれですよあれ。あの石柱・・・」
と優しい美人な巫女さんが教えてくれました。

あ、柱なのね。てっきりなめくじの石象かと・・・。相変わらずの自分の飲み込みの遅さに笑いが止まらない・・・。

五番目・麻布十番の有名パワースポット十番稲荷神社【宝船】

さて、そこから五番目に向かったのは東京タワーを背にして麻布十番にある十番稲荷神社【宝船】


わりと十番稲荷は女性誌などに取り上げられていてパワースポットで有名ですね。


この蛙が福を色々ともたらしてくれるそうで。

ちょっと前にも訪れていたのでまさに帰って来ました、感。

ちょっと休憩!ソフトクリームでリフレッシュ【塩屋まーすやー】

無事参拝も終わったので、向かった先はここでリフレッシュタイム。


ソフトクリームが好きなので目の前の塩屋まーすやーさんでソフトクリームタイムです。
ここは塩が約360種類という品揃え。塩にこだわる方にはオススメですが、私はここでひたすらソフトクリーム・・・。


ソフトクリームは「雪塩ソフトクリーム」というもので、ほんのり塩っぱさが特徴。口当たり軽くしつこくなく。するっと食べれる系。

「十番稲荷の目の前、稲荷を見ながら・・・」


好きな塩をかけて楽しめますが私はいつもそのまま。

後は麻布十番をぐるっとまわるだけ・・・。さて、リフレッシュした後は大法寺【大黒天】。
麻布十番は何と言ってもセーラームーンの聖地・・・。
歩いていると「あ、ここはうさぎとまもちゃんが運命の出会いをした場所だ・・・」とか胸きゅんきゅん。じ〜んとほろ甘い感覚に包まれて向かいます。

六番目・地元の人たちに愛される温かい大法寺【大黒天】

大法寺も第一印象は・・・「結構アットホーム」。
無料で新酒や甘酒配ったり、明るい女性たちが多い印象。ご近所に愛されているんだなあって感じです。
ちなみに階段の横からは可愛い住人が見守ってくれます。

「鶴は千年亀は万年・・・ここは縁起がええでー。」

七番目・実はアニメのモデルになったのはここ!氷川神社【毘沙門天】

さて、ここから坂を登って氷川神社【毘沙門天】


麻布十番の氷川神社は火野レイ様(セーラーマーズ)のモデルとなった神社です。なので気合がより入ります。

氷川神社は広々〜とした感じ。あっさりした神社です。

八番目・ぞくっとするほど静か。ラスボス的に選んでよかった桜田神社【寿老人】

さ、やっと最後の桜田神社【寿老人】。


ここまでくるともう向かう所敵なし。
スタートしてから2時間40分。


心の中で「来年も挑戦したいかも」「坂きつかったな」「東京タワー綺麗だったな」なんて・・・。

最後の神社は最後にふさわしくとても静かな神社でした。しん、っとしていてぞくっとするほど奥深さが流れる空気感。何者も敵わない。
これ、すごく印象的で。

ここを最後に選んでよかったな、と思えました。
六本木という都会のど真ん中。奥深い道の先にある静かな場所。

ああ、こんな出会いもあるんだなあと思うのです。


振り返れば最初の神社からここまで、人生の歩き方のようでした。ひとつひとつの神社やお寺に雰囲気とイメージがあって。

こうやって御朱印見ていると達成感・・・!

また来年、挑戦できたらいいな。

2017-01-05 | Posted in ◉New, ◉trip旅, shorttrip小旅Comments Closed 

関連記事