心ときめくイタリアン・インカンティーナ@赤坂

心ときめくイタリアン・インカンティーナ

桜がもう直ぐ満開になる週末、赤坂の「インカンティーナ」に行ってきました。


天現寺にある「インカント」の系列店です。他にも表参道に「リストランテカッパス」があります。
赤坂見附の駅からテクテクと歩いて行くとまだ冬の名残の風で季節があやふやで。でもすり抜ける風のどこかに春を感じたのは所々に桜がチラチラと咲いていたからかもしれません。

振り返れば楽しい思い出のそばにはいつも竹石さんがいました。
数える程しか行ったことがないけれど、久しぶりに行くと笑顔で迎えてくれる温かいお店。

イタリアワインの話がほとんどで、いつもそっと程よい距離で見守っていてくれて。丁寧に語りかけるように話しかけてくれて。

だから、2月に偶然にも普段はインカンティーナにいるのに表参道のリストランテカッパスで再会した時はなんだか照れてしまいました。きっと覚えていないだろうな、と思っていたけれどちゃんと覚えていてくれて。

リストランテカッパスの記事→***

***

インカンティーナは東京ガーデンテラス紀尾井町3階にあり、隣にはもう少しクラシックな、赤と白を基調にしたどこかアンティークさも感じられる「カンティコ」があり、カンティコとインカンティーナの間には大きな窓の、落ち着いたシガーバーがあり色々と使い勝手ができるお店です。
特にシガーバーに関しては「ハバナシガーを中心に取り揃え、頂点に立つ最高級ブランド「コイーバ」シリーズ、伊達政宗の命を受けた支倉常長が日本人として初めてキューバを訪れて400年を記念し作られた「ディプロマティコスブシドー」など、現在は作られていない限定品他、ドミニカ、ニカラグア産も含め76種類2100本がヒュミドール(シガーセラー)に保管されています。」という丁寧な説明でわかりやすく、竹石さんのお店作りのこだわりを感じます。

今回はインカンティーナでランチを。ランチのコースは¥2500という、コースにしてはかわいいお値段で、でもしっかりと中身のある本当に納得のいくものです。

 

せっかくなのでロゼの泡を。これは竹石さんがとっておきのものをセレクトしてくれました。

ちょっと変わった色のロゼです。このロゼが気に入ったので今度はフルボトルでオーダーしてのんびりバーでゆっくりと楽しみたいな。

MENU

前菜

・お米の詰め合わせをしたトマト
なかにはサラダ風に仕立てたお米。グリルされたトマトの甘みとぴったり。


・自家製パンチャッタとサルシッチャの串焼き


・空豆とアーティチョークのサラダ


・ズッキーニのセモリナ粉揚げ

スープ


・仔牛の卵とじスープ
綺麗なスープとふわふわの卵で心が温まります

リガトーニ


ブロッコリーとペコリーノチーズのリガトーニ
チーズの香り豊かさと素材を活かした味がシンプルで好み

最後にデザート

今回お友達がお誕生日おめでとう、ということでお祝いしてくれました。うれしかったな・・・♡
素敵な花束とプレゼントをありがとう♡

そのあとは二人でカンティコとの間にあるBarへ・・・

すてきな桜のカクテルを。女子二人長々とお話ししてしまいました。

誂えからおもてなしまで、全てにおいて完璧で、でも竹石さんはのびのびと接客されていて、くる人が畏まらないように自由な空間を用意していて、それはそれは居心地のいいひと時でした。
そう言えば昔お任せでワインをオーダーしたらとんでもない金額になってしまった苦い経験があるのですがここはお任せでも安心して頼めます^^;

インカンティーナ

http://cantico.jp/incantina/

東京都千代田区紀尾井町1-3 東京ガーデンテラス3F
TEL : 03-6256-9752

  • Lunch 11:00-14:00 L.O.
  • Dinner 17:30-23:00 L.O

map

2017-04-06 | Posted in ◉Foodie食べ歩き, Diary, イタリアンComments Closed 

関連記事