レコールデュヴァンレベル2day②

春から通い始めたレコールデュヴァン レベル②のお勉強のことを書こうと思います♡

今回は主に「日本ワイン」について・・・。

日本のワインは世界からも注目されていて、昔に比べて出来もよくなっているそうです。

✔︎日本のワインの歴史

✔︎最近の注目されている作り手

✔︎日本ワインのトリビア

など聞けて勉強になりました♡

テイスティングでは・・・

6種類のワインのアロマを嗅いで、レベル①よりも高度に・・・。

今回のテイスティングで気になったのは「なんだかゴムみたいな科学的な香り・・・?」と思ったのと「このざらついた後味はあれに似ているなあ」と思ったこと。

テイズティングの時のメモは私の場合ワイン初心者なので「外れて当然♪」とちょっと開き直っている部分があるので(でもそれくらいじゃなきゃ楽しくないんですよね(笑))思ったことを。

気になっていたゴムのような科学的な香りはリースリングというワインに見られる「ペトロール香」だそうで・・・化石燃料、ガソリン、灯油、ケミカルなどと形容される香りだそう。これ、すごくわかりやすいみたいでテイスティングでこの香りがあったらまずリースリングを疑いましょう♪

そしてもう一つ、ざらついた何か・・・記憶を辿るとそうですそうです、シラーズ!!

なんて自己満足に楽しんで♪

モヤモヤしていた自分のあんなこと、こんなこと、そうだったのか!と勉強になる1日でした♡

*〇゚+・。.。武山栄水子*〇゚+・。.。

my foodie & lifestyle instagram→@finddelicioustokyo

my foodie blog →emythm.com

 

2017-05-19 | Posted in ワインスクールレコールデュヴァンComments Closed 

関連記事