予約の取れないお店♪デセールルコントワール

以前から友人のブログやインスタグラムで存在は知っていて、「いつか行けたらいいな」と思っていたのです。

かといって、なかなかお店に直接問い合わせる勇気もなく時間だけが過ぎていったころに、友人のご縁で行ってきました。

最寄りの駅からはちょっと歩くし、日にちは確保しなくては行けない。

予約の取れないお店の1つ。それがデセールルコントワールさん。

完全予約制のお店です。

駒沢大学駅からバスで10分。歩いて20分。

なかなか足を運ぶことがハードルが高く感じる交通手段だけれどそこまで負担を感じずに行くことができたのは本当にいいご縁だったからかもしれません。

お店の中は落ち着いたインテリアでホッとするカウンターわずか6席のこじんまりとまとまったお店です。

私がお伺いした時期はさくらんぼの季節で、さくらんぼをふんだんに使ったパフェの会。

初めましてなのでちょこっとお話ししながら、ウェルカムティーのミルクティーをいただきます。

上品で凝ったパフェグラスに(アンティークかな?と一瞬思ったくらい綺麗なパフェグラス)梅のジュレから始まってこだわりのパフェが作られていきます。

甘酸っぱさと、上品な甘さと。スイーツだけどそれぞれ違う甘さを楽しめる面白さ。

塩気のある砕いたクッキーなんかも時々アクセントに入れて。クリームでアイスを閉じ込めて、デコレーションした周りをさくらんぼでどんどん埋めて行って。

ハートの形の花びらと、きらきらふわふわした金箔で飾ったパフェ。

こうして丁寧に丁寧に作られて、出来上がる頃は感動するパフェ。

食べるのがもったいないな〜、もったいないな〜とそわそわワクワクしながらいただきました。

栄水子さん、普段からちょこっとご飯を食べに行ったりデザートを食べに行ったりしますがこんな風に目の前で丁寧に作ってもらう劇場型のお店は初めて。

パフェの後は小さなお菓子も。塩気とペッパーの効いたクッキーが特に印象的。

お土産にチョコレートと甘酸っぱいベリーのソースのバランスのいいプリンなど、を。上品なカカオの香りが広がって驚きのものでした。

こんな風におもてなしと暖かさの溢れるお店に出会えてよかった・・・♡

毎日多忙で自分の進んでいることが正しいのか、よかったのか、正解なのかわからないけれどひたすら時間が過ぎて行く中ほっとするこういう時間を過ごせるって幸せです。

また行ける機会があったら、今度はお土産を買っていきたいな。

さて、お店を後にして久しぶりにこんなに気持ちよく心地よく帰路に着いたのは実は初めてかもしれません。

知識も何もかもわからないけれども、シェフのお話はとても楽しく聴きながら幸せな気分でいただきました。何よりもシェフが普通に接してくれるところと他のお客さんとフェアに接してくれるところがいい。世の中みんなフェアだ、というけれど現実フェアなことよりも、アンフェアなことばかりです。よくありますよね。お鮨でもフレンチでも。常連さんコースとご新規さんのコースでガラリと内容が変わるお店。私自身ご縁があって、常連さんに連れて行っていただくこともあるけれど実はモヤモヤすることもたくさんあります。

例えば挨拶。常連さんには挨拶するけれど何人かの連れの方にはそっけない挨拶のひと。

挨拶って大事なんですよね。挨拶の時の行動一つでイメージはガラリと変わります。予約の取れないレストランほど、特に大事です。

そして会話。誰に対しても態度を変えずに会話ができるシェフはなかなかいません。もちろんサービスの人もここは気をつけるべきだと思います。

居心地が良かったんですよね。本当に。

とはいえ飲食店って(特に予約の取れないレストランに多い気がする)初めてのお客さんにはちょっと壁があります。でもその壁をうまく砕くのもお店全体の会話術。

ちゃんとおもてなしになっているのか、目が行き届いているのか。

私の中では良いお店って味が美味しいことはもちろん大前提ですが

「いかにお客さんに居心地よく過ごしてもらえているか」

を心がけているところだと思っています。

なので、今までいろいろな有名なお店、星を取ったお店のどんなお店より居心地が良かったんですね。

だから帰り際にほんの少しお話しした時にシェフが

「良かったらまた次回も・・・」

と言ってくれたことが嬉しかったです。(もちろん、機会に恵まれたら伺いますとも!)

一緒に連れて行ってくれた直美さん、ありがとうございました。

また行けたら良いな♪

参加してみました♪よかったら応援よろしくお願いします☆

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村

デセールルコントワール

http://lecomptoir.jp/

2017-06-26 | Posted in ◉Foodie食べ歩き, スイーツ・カフェComments Closed 

関連記事