2017年、三の酉に行って来た。

冬の季節になると私のイメージとして出てくるのが

✔︎紅葉シーズン(いや、秋だろ、って思うかもしれないけれど私的には11月の中旬は冬です(笑))

✔︎都内各地のイルミネーション

✔︎酉の市

✔︎早稲田にある穴八幡宮の一陽来復

この4つをこなして(え?こなすの?)年末を迎えるルーティン。

9月が終わり、10月になり、10月の下旬になると思い出すんですよ・・・本当に。

というわけでいつもは目黒の大鳥神社にふらふらっといくのです。でも一度も熊手を買ったことはなく・・・今年はせっかくだから、しかも三の酉ですし?ちょっと遠出しようかなって思って鷲神社に行って来ました。そうです。酉の市発祥の神社→website

今回駅は東京メトロ日比谷線入谷駅から徒歩10分。鷲神社に着く頃には活気溢れる声が聞こえるので初心者がいってもすぐ分かるくらい人がすごい・・・。

お参りしたい場合は並べばいいけれど熊手だけ買いたい場合は横の屋台が出ているところから入ればいいみたいでするっと入ると熊手が所狭しと色々なところで売られています。値段は¥1000と手に届きやすい値段もあれば¥3000、¥5000大きいものになればなるほど値段も高くなります。

キャラものもあるし、パンダもある。

うろうろと回っているとどこからか大きな熊手を買った人の手締めがあって、正直小さいものを買うのが申し訳ないかな・・・なんて。 (手締めがあるのはだいたい¥10000くらいからみたいです)でも最初に買うのは小さいものがいいよーときいていたのでこれでいいかなと思いつつもなかなか決まらなくてぐるぐる。その中でもたまたま見ていた増田屋さんが一番対応が良いお兄さんで直感でここかなって思ったのでそこにしました。声をかけて来てくれた時はビビリな私なのですが快く対応してくれたのです。私は小さくてなるべく地味なものを・・・といっても嫌な顔1つせず、しかも稲の穂やらせっかくだから手締めもしますよーと言ってくれたけど・・・手締め・・・恥ずかしいです・・・なので色々うまく行くように願ってくれればそれだけで、と言って遠慮しました(笑)ちなみに対応してくれたお兄さんが「鷲神社(浅草)で熊手を買って大鳥神社(目黒)に返している人もいる」といってました。

でもこれから先少しずつ大きいものを買って行ってまた来年も行けたらいいなと思ってます。

季節ものの行事に行くのって楽しいねー。

2017-12-05 | Posted in ◉旅trip, shorttrip小旅, 東京の観光・お散歩Comments Closed 

関連記事